新パンダごはんの窓

pandagohan.exblog.jp

経堂 季織亭は2014年2月末で閉店致します。

美味しい料理・酒・〆の手打ち麺を食べられる、私の憩いの店「季織亭」が2014年2月末でお店を閉じることになりました。
e0071314_11395745.jpg

店主Kさんご夫妻とは別の場所でお弁当屋を始めたころからのお付き合いで、かれこれ20年もの長きにわたります。
体に良いものを追及し、小麦手打ち麺で作るラーメンは脳裏に残る味です。
これからお店をどこかで出すかは未定のようですが、若い方をご指導して頂き、味を引き継ぐ方を育てて頂きたいと思います。
昨日(2014.2.6)2階で過ごすのは最後かもしれないので、iPadの友人2人と行ってきましたので、写真をアップ致します。
e0071314_1152870.jpg

ブログをホームページ化にすると宣言しましたので、前の記事を編集いたしました。


下の記事は2012年6月26日にアップした元のものです。
タイトル 「経堂 季織亭2で風景スケッチ作品を展示しています。」
e0071314_14574078.jpg

ただ今、7月いっぱいまで私の風景スケッチ水彩画作品を、世田谷経堂の季織亭2で展示させて頂いています。
作品は6月の展覧会に出した4作品(前回の記事に載せたもの)と、関連する「箱根 宮ノ下駅ホームから」の現地で描いた作品、計5点です。
お酒を飲みながら暫し旅情に浸って頂けましたら嬉しいです。

e0071314_15243539.jpg季織亭は手打ち麺のラーメンで有名なお店。しかしただのラーメンではありません。
スープは鰹ベースに野菜をたっぷり使って化学調味料を使ってない、体に良いもの。
麺は国産小麦、又は全粒粉の小麦をお店で手打ち(足打ち)し製麺している。
そんなお店の2階は、以前は店主家族の住まいだった所を改装して、7年前より隠れ家的居酒屋になっている。
女将さんは、茶道の先生。ここのお座敷では定期的に本格的茶懐石も頂ける。
以前私も参加して、その様子を記事にしているので、お時間がある方はご覧下さい。



茶懐石 千鳥の杯1
茶懐石 茶の湯2
夏の茶懐石
by pandagohan | 2012-06-26 15:27 | 経堂界隈