新パンダごはんの窓

pandagohan.exblog.jp

茨城県 桜川市 真壁のスケッチ会

9月29日、鈴木新スケッチ塾の真壁スケッチ会に参加しました。
東京駅から貸切バスに乗って約2時間、筑波山の北に真壁の町はありました。
着いた時は小雨が降っていましたが、直ぐに止み夕方まで外でスケッチをすることが出来ました。
真壁は古くから城下町として栄え、江戸からの商家の見世蔵や明治・大正の建物が有形文化財登録されて多く残っています。
e0071314_23482569.jpg

行った時は土曜日でしたが、観光客の姿はあまり見えずひっそりしていました。
e0071314_019474.jpg

午前中は鈴木先生の制作風景を見せていただきながら、スケッチの描き方講習を受けました。
今回は水彩色鉛筆を使ってデッサンし、水で色を延ばし、最後に水彩絵の具で色を足して仕上げたスケッチでした。
先生は100円ライター式の携帯ドライヤーなどの道具も駆使してアッと言う間に素敵な絵を完成させました。
e0071314_0445242.jpg

お昼はレトロな食堂で名物の玉子のせ焼きそばを食べました。ロボコップさんは大盛りを注文。
e0071314_0531100.jpg

午後はそれぞれ気に入った場所でスケッチをしました。
私はぐるっと町を見て歩き、やはりこの風格のある潮田家の見世蔵に決め約1時間半スケッチしました。
左下の絵が私のスケッチ。右上がロボコップさんのスケッチ。(大・小)
e0071314_191724.jpg

4時に真壁駅のホームで講評会がありました。ホームと言っても関東鉄道筑波線は廃線になっていて電車は来ません。
交通機関はJR水戸線の岩瀬か下館からのバスですが、本数は少ないようです。

ホームの下に並べた絵から、左がykitaさん、右がshigeさんの絵です。

帰りがけに真壁農産物ショップで野菜やお菓子などをお土産に買い込み、真壁での楽しいスケッチ会は終わりました。

ロボコップさんが「ロボコップ水彩画・我廊です」でロボコップ流に楽しく紹介されています。






鈴木新先生のスケッチ展が10月9日から表参道アートスペース・リビーナで開かれます。
ドイツの美しい町の素晴らしいスケッチを是非ご覧ください。
    ↓の画像をクリックすると大きく見られます。
e0071314_143768.jpg

by pandagohan | 2007-10-08 00:45 | スケッチ会