新パンダごはんの窓

pandagohan.exblog.jp

カテゴリ:利き酒( 16 )

朝日屋酒店 「蔵元を囲む会」

5月16日(日)世田谷にある梅ヶ丘パークホールに於いて、朝日屋酒店が主催する第一回「蔵元を囲む会」という日本酒の利き酒会が開かれた。
会費は前売りが1000円、当日1500円と格安で、2部構成入れ替え制で、各会前売りチケット100名限定だったので、前売りは早々と完売状態だった。
北は青森から南は福岡県までの蔵元が21社集まり、各蔵元のお酒が3種類と仕込み水が用意されていた。
e0071314_12495649.jpg

 私が行ったのは午後2時から4時までの第2部だった。1部に参加していた顔なじみの方々の上機嫌な顔を見送り、中央のテーブルにある利き酒用のグラスを取っていよいよ利き酒開始。
なにせ、21蔵のお酒、各3種類を全部味わっていたら、少量づつでもかなりの量になる。全部味わって飲まないようのど越しは我慢して、半分以上は吐き出す。香り・甘み・酸味・苦味・後味(キレ)・残り香を確かめつつ、蔵元の方と会話する。
これだけ多いお酒があって、全部回って飲んでも一つとして同じものが無い。
途中からお煎餅がどっさりでたので、少し食べて中休み。
後半は、ひたすら利き水を楽しむ。
蔵元さんがお酒を仕込む仕込み水が、正にお酒の味になる。

 この会で、初めてお会いした方で、大変日本酒に詳しく、利き酒の会を開き、蔵元にも足を運ぶハンドルネーム弥太一さんから面白いアドバイスを頂いた。
「先ず、仕込み水を飲んで、次に飲むお酒の味を想像すると良い。」
なるほど、これはまた楽しい展開になる。
この弥太一さんと名刺交換をして、後日、弥太一さんのHPを拝見した。
弥太一さんとお会いしてお話をし、お酒の師匠だと分かってはいたが、言葉と文章に、日本酒の香りや味わいそのものを伝え、想像させる力がおありだと感じた。
まさしく利き酒の師匠と出会ってしまった。
弥太一さんから、私のブログで紹介しても良いと了解をいただいたので、弥太一さんのHPをご紹介いたします。
「日本酒夜話」   そして、私も大好きな歴史散歩の手引き「大江戸写真散歩」

 こんな出会いがある利き酒会。お酒の造り手と日本酒を愛する人々が醸し出す幸福な時間は、日本の魂が宿ると言われている日本酒の力が、造り出したものだと感じました。
by pandagohan | 2010-05-30 14:31 | 利き酒

8月22日サラ文利き酒会のまとめ

アップまで大変遅くなりました。
8月のことで恐縮ですが、せっかく写真加工をしたので見てやってください。ぺこり(顔文字が出てこない!!)

8月22日にあったサラ文主催の利き酒会は100人もの呑んべーが集まる盛大な会になった。
それもそのはず、参加蔵元は11社。
月の輪酒造  岩手 月の輪、  塩川酒造  新潟  越
和田酒造   山形 あら玉、   長沼合名会社 山形 惣邑
信州銘醸   長野  鼎、     湯川酒造場 長野  木曽路
中島醸造   岐阜  こざえもん、  吉村秀雄商店 和歌山 鉄砲隊
木下酒造   京都 玉川、    中野酒造   大分  ちえびじん
天吹酒造   佐賀  天吹
それにもう一社、お酒だけの出品提供蔵があった。
今回の利き酒会は、蔵元持参の肴があり、日本酒に合う郷土の肴もいただけた。
e0071314_1374847.jpg

e0071314_1381239.jpg

後日サラ文通信の原稿依頼があり、感想文を書いたのでそのまま載せます。
   素晴らしい利き酒会をありがとうございました。
先ずはサラ文利き酒会のご成功おめでとうございます。
東北から九州までの11の蔵元がステージに一堂に揃った光景は、今まで見る事が出来なかった素晴らしい光景でした。
私は今回の蔵元との繋がりがある朝日屋酒店の近くに住んでおり、幾つかの銘柄には覚えがありました。
酒の味は、仕込み水の味です。集合した蔵元のお酒は全て良いお酒ばかりです。どの蔵も地元に愛され、ほとんどが地元で消費されている小さい蔵元です。東京に出荷するのは特約しているわずかな酒屋のみに限定され、安心して美味しく飲めるよう心くばりされています。そのお酒を今回のように蔵元の方々とお会いして話を聞き、作り手の魂のお酒なのだと改めて確信できました。
午後12時から始まった利き酒会。4時間という長丁場では途中帰る方も多いかと思っておりましたが、その心配はありませんでした。まず2時間じっくり各蔵元のブースに行って試飲し、地元の酒の摘みを頂きながら杜氏さんや営業の方と5分程度お話しし回りました。2時過ぎからは、蔵元の方々が他の蔵元のブースに周り試飲して交流されていました。その時に空いたブースにサラ文の方々が代わりに入って、売り込みをしていたのは乱れもなくスムーズに進行して素晴らしい趣向だと思いました。
最後の1時間は、蔵元の方々がステージに揃い、自己紹介しつつ楽しいお話。質疑応答では、各蔵元の戦略や気持ちが良く表れていました。逆に蔵元さんからの質問コナーになり、日本酒を愛する方々の応援メッセージが続発し、作り手と飲み手の心が繋がった一瞬でもありました。
 わいわい集り飲むお酒は焼酎・ビール・ワイン等、時と場所、料理によって何でもかまいません。でもこれから空気がひんやりしてくると、地酒を間に友と語り合いたくなります。タイムリーで良い企画をありがとうございました。

More・・サラ文メンバーYさん(自称のんべ~)の扇子
by pandagohan | 2009-09-16 13:23 | 利き酒

茅ヶ崎の熊澤酒造

いよいよ始動といってもなかなかにエンジンがかからない状態です。

12月14日の日曜日に、私が所属する赤堤生涯学習センターとサラリーマン文化芸術振興会が合同で、茅ヶ崎の熊澤酒造を見学して利き酒と豪華料理を食べる会を開催した。
以前にこの蔵元に見学するバスツアーも開催したが、人数集めが大変だったので今回は現地集合、現地解散にした。それでも28名が集まって主催者としてはホッとしたのでした。

相模線香川の駅から5分歩いた所に、MOKICHIという名がついた日本酒蔵、地ビール工房、レストラン、ベーカリーが集合した熊澤酒造のファームがある。
イケメン社長の熊澤さんと同じくイケメンで若い五十嵐杜氏さんが日本酒と地ビールの工房を見せながら詳しく説明をしてくださった。
e0071314_17595163.jpg

e0071314_184515.jpg30分の説明の後は、レストランに移ってお待ちかねの利き酒と称した飲み放題の宴会。
先ずは工場直結のビアサーバーから出来たての地ビールで乾杯!
地ビール4種と日本酒の新酒絞りたて生原酒をたっぷりいただいた。

料理は蔵元近辺の食材を使った料理の数々がドンドン運ばれてきた。
日本酒の五十嵐杜氏さんとは、もう何回もお会いしているので宴会の座に加わっていただき、お酒に関しての質問が出来、賑やかでありながら酒好きの同行会らしい雰囲気を醸していた。

お土産はビール酵母で作られたパンや、酒種のパンを買った。
人気なので、直ぐに売り切れると思って着いたとたんに買っておいたが、それは正解だった。
しっかりしたドイツパンと地ビールは良く合い、後日スケッチ教室の宴会にこのパンとクリームチーズとピクルスのディップを持って行ったら、美味しいと評判だった。

相模線は茅ヶ崎と海老名を結ぶJRの単線で、1時間に数本しかないローカル線だが、東京近郊なのに大変のどかな旅気分を味わえる。
乗り降りは自分でボタンを押すなど、めったにない事で楽しめる。
小旅行・遠足にお勧めです。
e0071314_18353100.jpg


More・・朝日屋酒店で早速購入しました。
by pandagohan | 2008-12-17 18:45 | 利き酒

ご近所K邸 屋上ビアパーティー

8月2日の屋上ビアパーティーは、Kさんの「サラリーマン文化芸術振興会」通称サラ文の仲間や、ご近所の地域の仲間達が集まった。
e0071314_2225593.jpg

今年5月に結婚した若いカップルのお祝いあり、実は旦那さんは息子と同級生。
げんたさん、ちはるさんおめでとう!

今年も朝日屋酒店さんの呼びかけで、蔵元さんの協力を得て美味しいお酒が利き酒できた。
沖縄の二つの泡盛の蔵元さんが、わざわざ沖縄から来られていた。
「やまかわ」「高嶺」は私も気に入っているお酒で、すっきりとして口当たりが良く、酔い覚めが爽やかなので良い。

写真を見てお分かりのように、約60人が集まったと主催者発表があったが、毎回来る馴染みの方、初めて参加された方、共に入り混じっての楽しい一夜だった。
来年は10回目となり八月の第一土曜日開催が決まっている。

ちなみに昨年はこうでした→真夏の夜のビアパーティー

More・・8月23日のサラ文利き酒会情報
by pandagohan | 2008-08-16 06:57 | 利き酒

真夏の屋上ビアパーティー

この蒸し暑い日々、どうにかしたいですね。日中はクーラー無しではいられません。
先週8月4日土曜日の晩に、その暑さを吹き飛ばすこんなパーティーがありました。
e0071314_10484445.jpg

ここはご近所のK氏の4階建て自宅マンションの屋上です。
ビルのオーナーK氏は世田谷区赤堤界隈では知らない人はいない、有名な方。私とは赤堤生涯学習センターでアカデミアを担当する仲間です。
そんなK氏の顔の広さでこの日の参加者は50人以上(主催者発表80名)居ました。このビアパーティーは今年8回目で、参加者は千円会費と摘み(料理など)1品持ち寄りの決まりです。
私は芋の天ぷらと竹輪の磯辺揚げとイカと胡瓜の炒め物を持って行きました。(頑張って作ったのでここで主張しておきます。)

実はこの日、朝日屋酒店の店主Oさんの呼びかけで、滋賀県近江市の蔵元の喜多社長さんと、先日朝日屋酒店で利き酒会があったばかりの秋田県大仙市の蔵元の娘さん伊藤さんが遠くから来てくださいました。
喜多酒造の「喜楽長」特別純米酒ともう1種の1升瓶のお酒を計6本と、秋田清酒の「竜巻」(朝日屋オリジナル)と「刈穂」の純米吟醸・六舟の2本を利き酒として提供してくださいました。
前日に来訪が決まったので事前にお知らせは無かったのですが、参加者にとってビールだけでなく美味しい地酒が飲めて大感激。
私は喜多社長さんには、昨年のサラ文利き酒会でお会いして、その慈愛と愛嬌溢れるご容姿と、聞くものの心を一瞬で虜にする関西弁が混じった巧みな話術に引き付けられておりました。
この会でも2分少々のご挨拶でもその魅力は発揮されて印象に残りました。
喜多社長さんはご自分でも日本酒が大好きで、会話を楽しみながらグビグビと盃を挙げておりました。
参加者のお一人、S医師さんは偶然にも滋賀医大在籍中に日本酒が大好きで日本酒サークルだったとか。地元の話で意気投合していました。
良き人・良きお酒は心の和を醸し、月夜の晩に極上の時間を過ごしました。

右上の写真はサラ文(サラリーマン文化芸術振興会)のおやじフォークの歌と演奏をしているところです。
歌舞音曲の音にヒヤヒヤしながらも、この会を8年も続けて開催して下さっているK氏と奥様、ご家族に感謝します。
by pandagohan | 2007-08-08 12:11 | 利き酒

「蔵元を囲む会」朝日屋酒店店内で開催

昨日(7月17日)午後7時から私のブログではお馴染みの朝日屋酒店で、店内では初めての試みである「蔵元を囲む会」利き酒会があった。
こういう記事は何故か素早く載せると言われるであるであろうが、その通りである。
e0071314_10152668.jpg

秋田県の秋田清酒の仕込み水と日本酒6種類を試飲いたしました。
秋田清酒の伊藤専務さんが秋田の大曲からお見えになっていて、参加者と和やかに歓談されていました。

まず、仕込み水。わりとスッキリしていますが旨みがあり後味に余韻がありました。
e0071314_10554344.jpg

一番目の「竜巻」は朝日屋酒店のオリジナルで、今年から販売し売れ行き好調だそうです。
刈穂シリーズの6品はそれぞれに味の個性があって面白いお酒でしたが、酸味があるのが共通に感じたお酒でした。
私の好みは③の純米吟醸「六船」と⑤の山廃純米生原酒「番外品」でした。
山廃生原酒は+20度でこの中で一番辛口酒ですが、最初に利き酒で飲んだときより二度目以降に摘みを食べた後に飲むととても円やかに感じます。
蔵元さんのお土産の「燻りがっこ」を摘みながらいただきました。

今回の企画は朝日屋酒店の総力を挙げて?ご家族スタッフとも打ち解けた楽しい会でした。
参加費500円で摘み1品持ち寄りでしたが、女将さんの手料理とお握りや参加者の手料理で並びきれないほどの料理でした。
私は以前からお店の中で試飲させていただく機会に恵まれていて、常々お店で開いて下さいとお願いしていました。
持ち寄りパーティー形式は参加者の意識も只飲みたいではなくて歓談の意識も高いのではないでしょうか。
参加されていた友人のSさんも良い会だと感心していました。
雨降りとウイークデーだったので予定していた方の欠席が多くて残念ではありましたが、それでも20人以上の参加者で今回の参加者の熱意を感じました。

参加者のお一人、以前群馬県館林龍神酒造のバスツアーに行った時にお世話になった、帝産観光バスのOさんとお会いしました。
Oさんは朝日屋さんのお近くに住まわれている方だが、偶然にも前回の記事「佐原スケッチ会」の貸切バスを受けられた担当者だったのです。
私のスケッチの師・鈴木新先生ともお会いになっていていると聞いてビックリしました。
世の中狭いものですね。ご縁があるとはこの事で、まだまだご縁は続きそうです。
帝産観光バスは安全・安心・信用のあるバス会社ですから、私からもお勧めしますよ。
by pandagohan | 2007-07-18 11:49 | 利き酒

祝 季織亭2・2周年 龍神のお酒

6月3日の日曜、季織亭2(2階)の二周年をお祝いする会があった。

季織亭は昼は弁当とお惣菜屋、夜は手打ち麺のラーメン店だった。このラーメン店ではお惣菜とお酒も飲めいつの間にか呑み助が集まってしまった。
そこで、お客の要望に応える形で2階に住んでいた家族が引越しをして2階を居酒屋にしてしまった。
季織亭2は本物志向の食材を取り寄せ、お酒は焼酎・日本酒の美味しい地酒を揃えている。
旬の野菜のお惣菜も豊富で、300円~の摘みもあるので安心して飲める。
〆には勿論季織亭ラーメンを食べるが、科学調味料無添加であるので酒との相性が良く、体に良い。
そんな季織亭を愛する常連は皆、本物は美味しく体に良いを実感する人々の集まりで、実に精神も健康そうな人ばかりだ。
e0071314_23551347.jpg

また前置きが長くなってしまったが、この日は群馬県館林の龍神酒造さんが地ビール2種類と日本酒6種類、それにリキュールを協賛してくれて利き酒会が行われ、蔵元の堀越杜氏さんも来てくださっていた。
まずは地ビール・オゼノユキドケを頂く。ブラウンバイツェルンはコクがあり飲み応えがあるビール。蔵元のビール工房の壁に「地ビールは街の薬局である」と書いてあるほど、地ビールは栄養価があるという。
日本酒は龍神のお酒をリスト順に丹念に飲ませていただいた。
「龍神」のお酒はそれぞれ別の酒米を使って5種類のお酒を造った。
私が一番気に入ったのは「斗瓶取り愛山」だった。

昨年、龍神酒造の蔵元見学バスツアーを行い、堀越さんには大変お世話になった。
立派な杜氏さんなのだが、まだお若いのでこちらも気軽にお話ができる。
堀越さんに「生酒」と「生詰」の違いを聞いてみた。「生酒」は一度も火入れ(殺菌方法の一種で60度くらいに暖める)を一度もしていないもの。
「生詰」は絞った後に1度火入れして熟成させたもので、出荷する前の瓶詰めの時には火入れしないもの。普通のお酒は火入れを2度する。
他に「生貯蔵酒」があり火入れせず生のまま低温熟成させ、出荷する時に火入れする。
e0071314_656952.jpg
今回のお料理はあまり写していなかったのですが、3階の屋上で神那鶏の炭火焼きを作っていました。
こちらも、いつの間にかお客さんに占領されて焼きはお客さんがやっていました。
カウンターの中と外にもお客さんが溢れ、初めて行った方にはきっとどの方がお店の人か分からなかったでしょう。
4時から始まって元気な常連さんが深夜まで、適材適所に楽しく動き廻っていたようです。

そんなメンバーの あおひーさん  と 「おいしい時間」の bleu et rouge さん がそれぞれ詳しく書かれていますので、ご覧下さい。

More・・次の日に朝日屋酒店に行ってみると
by pandagohan | 2007-06-09 00:43 | 利き酒

「農大酒市場の会」利き酒会 10月7日

今年2回目の「農大酒市場の会」が食と農の博物館で開かれ私も参加しました。
今の時期、蔵元は仕込みシーズンで杜氏さんや蔵人さんは出てこられませんが、前回を上回るお酒の本数が集まっていました。リストでは出品蔵元は47蔵、日本酒は45本、焼酎5本とありましたがそれ以上あります。酒門の会会長で蔵元との繋がりが強い朝日屋酒店の小澤社長さんの説明では、「蔵元には仕込み水と一升瓶のお酒で2~3千円台のお酒を提供していただきました」ということでした。勿論、東京農大生関係の蔵元やOBの蔵元のお酒もあります。
これで参加費が1500円ですから凄い会です。
e0071314_1324475.jpg

蔵の仕込み水も沢山ありました。何種類か飲んでみましたが、硬い水・柔らかい水・甘さ・やや塩辛い、後味など・・があるかな~と、、
でも目当てはまず日本酒です。全てを飲む訳にはいきません。
それでも15種類は飲んだでしょうか・・その中でも気に入ったのは「黒龍純吟仕込み38号」と「翠露山田錦純米酒・辛口・秋あがり」でした。翠露は長野県諏訪の舞姫酒造です。
福井県・黒龍酒造からは営業の方が見えていて、お酒をサービスしていましたがやはりこの会場の一番人気でどんどん無くなっていきました。
他にいらしてた蔵元さんは、石川県・吉田酒造(手取川)、福岡県・山口合名会社(山の寿・貴醸酒)、鹿児島県・萬世酒造(芋焼酎・薩摩萬世)でした。
今回とてもよかったのは、主催のメルカード東京農大の関係の野菜や食品を沢山つまみとして出されていたことです。
キュウリ・トマト・じゃが芋・里芋・枝豆・白いご飯のおにぎり・ハムなどシンプルだけど美味しくて自然の味わいがあります。
会は5時半から始まって約2時間でしたが、思い思いのお酒が飲めて参加者同士の会話が弾みました。
終わりの頃、私が企画担当している 群馬県館林の龍神酒造蔵元見学に行く「お酒&タヌキ」バスツアーのインフォメーションをさせていただきました。
最後に、残ったお酒を1人1本持ち帰り出来ることになり、ジャンケン大会となりました。

お酒のことには厳しい「おいしい時間」の bleu et rouge さん 旅々さんのブログにも記事が書かれています。

More・・「お酒&タヌキ」バスツアーの詳細
by pandagohan | 2006-10-11 01:32 | 利き酒

「農大市場交流会」 利き酒会 7月29日

7月29日土曜日は朝から船橋のスケッチ会にお出かけで、夕方からの農大の利き酒会はとても無理だと諦めておりました。
でも前日の季織亭の利き酒会で、杜氏さんや蔵元さん方にお会いすると、頑張って行っちゃお~かな~という思いがムクムクと湧いてきました。
と、そんな訳で「船橋のスケッチ会」のことはまた次回のご報告にして、夕方からの利き酒会について書きます。
e0071314_20595282.jpg

場所は東京農業大学の「食と農」の博物館。馬事公苑前のケヤキ広場に面した、最近できた素敵な建物です。
私は約一時間ほど遅れて到着しましたが、一階ロビーの会場は蔵元さん達と参加者の熱気に包まれていました。
後で主催者朝日屋の小澤さんに聞くと参加蔵元は28社、当日に来てくれた蔵元関係者は15名。学生を含めた一般の参加者は約50名いたそうです。
見ると学生よりも若い女性や30代~50代の男性が目立ちました。
皆さん、蔵元の杜氏さん・蔵人さん・社長さん方から直々に自慢のお酒を注がれ会話を楽しんでいました。
私も最近急に蔵元さんと交流が増えて、何人も親しい杜氏さんや蔵の社長さん、蔵人さん方と再会できました。
お酒の話は勿論ですが、このブログを熱心に見ていて下さっていたということで、、「実は銀座の長浦に行って同じ蕎麦を食べて、同じ摘みと酒を飲んだんですよ」とあるY杜氏の奥様からお話を聞きました。
そんな展開になるなんて、ビックリでした。ブログって杜氏さんにまで影響を与えるのですね~(しょいすぎですかしら(^^ゞ)
久しぶりに茅ヶ崎の熊澤酒造の五十嵐杜氏さんにお会いしました。初めはあちらから声を掛けて下さっても分からなかったほど、随分お変わりになっていました。
農大出身の杜氏さんでまだ30代?のお若い方ですが、前は堂々たる巨漢(m(__)m)でしたのに、今はスリムな爽やか湘南ボーイになっておりました。何とここ数年で25キロお痩せになったとか。杜氏という職業はそんなに過酷なのでしょうか~。
群馬県館林の龍神酒造の堀越杜氏さんと毛塚茂平治社長さんにお会いしました。毛塚社長さんには今回初めてお会いしたのですが、お顔といいお体もタヌキの置物にそっくりです。
館林は茂林寺という「分福茶釜」のタヌキ伝説があるお寺があります。社長のお名前にも「茂」や「毛塚」なんて付いていると無関係とは思えません。
酔った勢いで失礼にも、「良く似てらっしゃる~」と言ってしまいました。でも社長さんはニコニコして「是非館林に来てください、蔵をご案内しますよ。」と太っ腹にも言って下さいました。
これもご縁、行って「分福茶釜」のタヌキ蔵見学をせねばと、心に誓いました。

サラ文の利き酒会の時にちょっと歌ってくださった、HIDEさんがゴスペルの仲間を引き連れて参加していたので、急遽2曲も歌ってくださいました。
利き酒会でゴスペルの歌も聴けて素敵な会になりました。

More・・二次会は季織亭2でラーメンを食べました。
by pandagohan | 2006-08-02 22:42 | 利き酒

季織亭 プライベート利き酒会 7月28日

e0071314_021467.jpg
季織亭での日本酒の蔵元さんがいらしての利き酒会は今年に入ってもう四回目になる。
今回は大門酒造イギリス人杜氏フィリップハーバーさんが、仕込み水と「利休梅」「むくね青天」「さくやこの花」の銘柄を持ってきてくださっていた。
今回、彼の新たな試みのお酒が「さくやこの花」きもと純米酒 でまだ蔵元の近くの飲食店でしか出されていない酒。
飲むと酸味があるが、後味は悪くない。味噌などの個性ある発酵食品か香りを楽しみたい料理と一緒に飲むと料理の味を邪魔することが無い酒だと思った。
適度な酸味は食べ進むにつれてだんだん感じなくなりむしろ食欲を益す。
この酒の精米率は75%だということで、最近純米酒の規定が変わったので限度ぎりぎりで作ったお酒なのだという。低コストなのだが、ただし生酛造りという点が杜氏としての誇りを感じる。
23歳の時来日して18年だそうだが、日本の風土に合う日本酒を醸し出すハーパーさんって、只者ではないと感じた。
e0071314_029403.jpg

この日は他の蔵元さんもいらしていた。山形県米沢の小嶋総本店「洌」のお酒の小嶋社長、石川県の鹿野酒造「常きげん」の女性蔵人さん。お酒は別の蔵からも集まっていました。
季織亭の料理は、トマトと花豆とバジルのオリーブオイル炒め・つぶ貝となすのオリーブオイル炒め・神那地鶏白レバー炒め・砂肝・鰹のたたき・キャベツとイカの塩辛炒め・糠漬け、それに季織亭新人・藤田さんが考えた油揚げに味噌と葱の焼き物でした。
あお・ひーさんが記事にしていますのでそちらもご覧ください。
追加ですが、「おいしい時間」のbleu et rougeさんが詳しい記事を書かれています。こちらもどうぞ。

More・・季織亭の料理を作ってみました。
by pandagohan | 2006-07-31 01:20 | 利き酒