新パンダごはんの窓

pandagohan.exblog.jp

カテゴリ:素敵なお店( 6 )

パチャマーマでカーテン作り

e0071314_1251955.jpgオーガニックコットンのお店「パチャマーマ」のダイレクトメールでカーテン作りの講習会があるというので申し込みしました。
予めお店で生地を選んでおいたので、カーテン担当のIさんが窓の寸法に合わせてカットしていてくださいました。
お店にある作業台にはミシンが2台。私の他にもう一人の受講者が時間差でいらっしゃいました。
端を折り返しアイロンを掛けミシンをかけ→フックの掛ける方に芯を入れミシンかけ→タックを取ってミシンかけ→すそを折り返してアイロンを掛けた後にミシンをかけて出来上がり。
4時間で幅1m30cm長さ2m10cmの豪華なカーテンが2枚出来上がりました。
この生地はデンマーク製のオーガニックコットンで唐草模様のような織柄があります。
講習費用と生地と部品で約2万円でした。

パチャマーマのお店の方と楽しくおしゃべりをして、休憩しながらお茶とお菓子を頂き楽しい時間でした。
先生のIさんはお若くて可愛く娘のように親しみを感じてしまいました。
本当は生地をカットすることが一番難しいことのようですが、やっていただいているので言われた通りにやれば良いので簡単でした。

Iさん、丁寧なご指導ありがとうございました。新しいカーテンはお部屋にぴったりでとっても気に入りました。それにお部屋も以前より暖かくなったようです。


e0071314_241220.jpg

パチャマーマ代表のKさんがNHK教育の「おしゃれ工房」でオーガニックコットンの帽子とマスク作りの先生として出演します。
勿論パチャマーマの製品にもありますが、とっても素敵な物なので是非ご覧ください。
放送は3月7日水曜の午後9時半からです。

書店・コンビニで売っている「eyeco」アイコという通販雑誌(500円)にオーガニックコットンのパチャマーマの品が載っています。

家の近くにあるので時々寄らせていただけますが、益々注目のお店になりそうで嬉しいことです。
by pandagohan | 2007-03-01 02:01 | 素敵なお店

神谷デザインスタジオ (東北沢)

e0071314_2310613.jpg
先日、着ていたオレンジ色のシャツを友人に誉められたので、今回初めてブログでこの私のお気に入りの「神谷デザインスタジオ」を紹介します。
「神谷デザインスタジオ」は服飾デザイナーである神谷昌宏さんのお店です。
そのお店は小田急線の東北沢から数分の場所にあり、私は会社の帰りに時々寄らせていただいています。

この店の特徴は日本の着物の生地や高級輸入生地(特にイタリア)で作ったオリジナルの洋服があります。
私が気に入っている理由は、洋服のデザインがシンプルでいて着るとシルエットが美しく見えるからです。
生地が上質だからこそ磨かれたデザインでより洗練された洋服になります。
日本の伝統織物の価値を知り尽くして、長年デザインしてきたデザイナーだからこそのプロの技です。
生地単価が高いのでなかなか簡単に買えませんが、それでも久留米絣や小地谷ちじみなどのシャツブラウスで3万円台~なので1年に1枚位は思い切って買います。
素材が良いので着心地も良く、素敵に見えるので毎年定番で着続けています。
自分に似合ういい洋服を着るということは、自分を大切にするという事と同じで、豊かな気持ちになります。これが大人の女の魅力になると信じています。
e0071314_084457.jpg

今は夏の雰囲気。絞りのゆかた生地で作ったドレスが飾ってありました。
お店の奥は作業机・ソファーとテーブルがあり、何時も美味しいお菓子と珈琲を頂いています。
e0071314_0343254.jpg

丁度私が持っているオレンジ色のシャツがありました。この生地は愛知の伝統工芸品「有松鳴海絞」といって染色師が染色したものです。直に着るより、私は上着代わりに着ています。

こちらでは自分の着物や反物を洋服に作り変えることも出来ます。着物は箪笥に仕舞いっぱなしで着る機会も無くなってしまいました。
大島紬のコートや絹織り物のスーツは、また素敵に着ることが出来て価値があります。

神谷デザインスタジオ  世田谷区北沢1-20-19  03-5454-1130
2012年4月よりお店は世田谷区赤堤に移転しています。
こちらをクリッツしてください。→神谷デザインスタジオ

e0071314_058712.jpge0071314_0592960.jpg
by pandagohan | 2006-07-22 01:10 | 素敵なお店

オーガニックコットン 「pachmama」

e0071314_7375221.jpg

豪徳寺・山下駅前のユリノキ通りを自転車で走っていると、あるマンションになにやらお店の看板がありました。
お店の名前は「pachamama パチャマーマ」オーガニックコットンで出来たタオルや下着・靴下・赤ちゃん製品のお店でした。
マンションの1階にある住宅に入ると広いスペースがあって、ゆったりした明るい日差しが気持ちの良いお店でした。
お店には素敵な女性の店主が一人で仕事をしていました。初めてなのに直ぐにうちとけて楽しくお話ができました。
タオルの手触りが良くて、ハンカチを数枚買いました。触っているだけで優しくなれるようなタオルです。
こんなこだわりのお店が豪徳寺にあるとは知りませんでした。ここに移られたのは1年前でその前は経堂でお店を開いていたそうです。
赤ちゃんの誕生のプレゼントにしたい製品がいっぱいありました。○○さんのお孫さんが誕生の時には早速プレゼントしましょう。
e0071314_743663.jpg

by pandagohan | 2006-07-10 08:12 | 素敵なお店

6月最後に ポエムの紫陽花

このところの蒸し暑さは真夏並みです。でもまだこれからが梅雨本番だと天気予報では言っていました。
6月中にポエムに行った時に写した写真です。このまま載せないのは勿体無いので焦ってのせます。
e0071314_22585148.jpg


ポエムの窓は北東向きなのでしょうか、いつも柔らかい光りがくつろぎを与えてくれます。
そして珈琲の良い香りに包まれ至福の一時。
M・Yさんの優しい心が行き届いた飾りつけも、眺めていると豊かな気持ちになります。


前回のポエムの記事に載せた「ゴンタ」君はもうすっかり大きくなったそうです。
甘えん坊に育って、おかあちゃまのMさんが何処に居ても離れないので、ショルダーバックにゴンタを入れて台所の洗い物しているのよと、嬉しそうに話してくれました。
お店には出せないのが残念ですね。

追加・・・7月5日のポエムのゴンタちゃん
e0071314_2273234.jpg

夕方お客さんも居なくなったので、久しぶりにゴンタちゃんを連れてきてもらいました。
猫じゃらしに夢中になっていました。
最近はおかあさんのお仕事にも慣れたのか、待つことが出来るようになったということです。
by pandagohan | 2006-06-30 23:12 | 素敵なお店

ポエムのニューフェイス

e0071314_0403527.jpg
なんじゃもんじゃの木を見た後にはチャリンコで下高井戸のポエムに直行。
ドアを開けると、店主Mさんが馴染みのお客に請われて3日前に着たばかりの子猫の「ごん太」をお披露目している最中だった。
早速撮影会。ごん太は生後2ヶ月でもとっても躾が良くておりこうさんだそうだ。
まだまだ小さくて手の中にすっぽり納まるくらいの小ささ。でもカメラの紐にじゃれたりして動きは活発でじっとしていない。すぐ動くので写真はぶれてしまった。でもフラッシュは怖がるかもしれないのでなるべく使わなかった。
e0071314_103751.jpg
午後の一時、
美味しいポエムの珈琲と抹茶のシフォンケーキを頂いていると、ドアの向うにアレっと思う顔が・・
オリワン石さんだった。偶然の出会い。Mさんにデート?と疑われてしまった。
石さんは私のブログで紹介していた「もち月」で蕎麦を食べてきたところだと言う。お互い何となく誘いたいと思っていたのも偶然で運命を感じた?!!
楽しくもしっとりとした大人の会話が弾み、あっという間に夕方・・・早く帰って晩御飯を作らなくては、私には家で待っている舅姑が居る・・・泣く泣く別れを告げて帰りました。(でも途中スーパーオオゼキで沢山のお買い物)

More・・晩ごはん
by pandagohan | 2006-05-11 01:28 | 素敵なお店

ギャルリ・ドぽえむから「でっちどん」がやってきました

e0071314_2329712.jpg
この「丁稚どん」は昨日までギャルリ・ドぽえむにたくさんの子どもたちとおりました。(つばなはな円人形展10/24~29)

まだ9歳の子どもなのにとても働きもので、お店の女将さんの藍染めの着物のお古で前掛けを作ってもらうほど、女将さんからも皆からも愛されている丁稚どんです。
今日は、女将さんの御用で遠くにお嫁に行ったお嬢さんにお届けものです。お腹が空いたら食べるようにとおにぎりも作ってもらいました。
今日は秋晴れの良い天気。うきうきした気分で歩いて行きました。
ただし、1つだけ心配なことがあるのです。丁稚どんは犬が大の苦手なのです。いつだったか犬に吠えられて慌てて逃げる時に転んで、持っていた饅頭を落として犬に食べられてしまったことがあります。それ以来犬が嫌いになりました。
田舎道に来ると大きな柿の木の下に丁度よい切り株があります。お腹が空いたことだしここでお弁当を広げようと思いました。でもちょっと心配顔。あのいやな奴が来ないといいがな~と思いました。 トントン!おわり







e0071314_0271562.jpg

「ぽえむ」は住宅街の静かな場所にある。中に入ると黒光りした古民家の柱と暖かなランプシェードの光が山小屋に来たように包みこんでくれる。
なにより、厳選された豆で入れてくれる、女主人M・Yさんのコーヒーは最高に美味しい。
私は夕方仕事で疲れた時はチャリに乗ってポエムに行く。
私が友人と行く以外で、一人で外でコーヒーを飲みたいと思える場所はここしかない。


e0071314_193395.jpg
私のお気に入りはコーヒーとかぼちゃのシフォンケーキの組み合わせである。
そして飾られている器や人形を眺めたりする。どれも良い手仕事の作品でこちらに何か話しかけられるような気がする。
心もお腹も満たされ、またがんばれる気がする。


ぽえむのM・Yさんのブログは作品に対しての愛情が感じられて素敵です。
また、パソコン仲間の浮遊子さんもブログに、ぽえむについての素敵な写真と記事を載せられています。どうぞご覧ください。
by pandagohan | 2005-10-29 23:55 | 素敵なお店