新パンダごはんの窓

pandagohan.exblog.jp

カテゴリ:展覧会( 7 )

第4回かよう会スケッチ水彩画展 お礼

e0071314_22251814.jpg

大変にご無沙汰いたしました。
9人の野外スケッチを楽しむ友人達と一緒に開催した展覧会は、約500名もの方にご来場頂き、盛会の内に終了を致しました。
多くの皆様に絵を見ていただき暖かいお言葉をいただいたことは、これからの励みになります。
次回のかよう会展は同じ会場で来年10月22日~27日に開催予定です。
これから1年半の間に、新たな風景に出合い、人々とのふれあいを楽しみながら、自分の絵の世界を求めて、気持ちも新たに取り組んでいきたいと思います。

今回私の作品は7点展示致しました。
その1部を掲載いたします。
e0071314_2325473.jpg

この風景は昨年7月に夕方家路につく時に見た風景です。
その時に写した2枚の写真を元に絵にしたものです。
東急世田谷線の三軒茶屋駅は、降りるホームと一般の人が通り抜ける通路が重なっています。
天井はドーム型になっていて中央に天窓がありますが、逆光になるので写真を撮ると人や電車は黒く写ります。
私の絵は電車の色を明るく、人々の服やバックに電車カラーを意識し散りばめてみました。
冒険ではありましたが、元気になれそうな絵になった気がします。
e0071314_2339441.jpg

これも電車の絵ですが、3年前の7月にかよう会のメンバーと行った箱根の宮ノ下駅ホームから撮った写真を元に絵にしました。
遠くの木々が小雨に煙っていて美しく感じました。
箱根登山鉄道の紫陽花は今が見頃でしょう。
e0071314_2347989.jpg

昨年9月に日本橋に行って写真を撮ったものを元に絵を描きました。
時刻は午後4時半頃。丁度西日が中央の麒麟の像に当たっていて高速道路の橋脚に影を作っています。
橋の上の高速道路は鬱陶しいものですが、架橋100年を過ぎた今の風景です。
e0071314_061298.jpg

展覧会に出す絵は野外でスケッチしたものを後で加筆するか、写真を見て描くかが私は多いのですが、この絵は1時間半でスケッチしたものそのままを展示いたしました。
描きっぱなしですが、線に勢いがあって気に入っています。
by pandagohan | 2012-06-24 00:28 | 展覧会

第2回 かよう会 スケッチ水彩画展‘10 開催中

e0071314_042347.jpg

只今 茅場町のすぎもと画廊にて、第二回かよう会スケッチ水彩画展を開催中です。
連日、70~90名のお客様が来てくださり、有り難くも嬉しい毎日です。
9名のメンバーそれぞれの人脈もありますが、外を歩いている方がショーウインドーの絵を見て興味を抱き、入ってきて下さる方も多くいます。
そういう方で熱心に見て下さっている方に、お茶をお出ししながらお話をするのが、とても楽しいのです。
スケッチの心得のある方もいますが、スケッチをしてみたいと思っている方が結構います。
その多くは中年以上の熟年層の男性がほとんどです。
仕事をリタイアした時に出来る趣味を持ちたい、それには今から準備しなければと思われているようです。
それが分かると、ついスケッチの楽しさを力説して、一人でも多くの方をスケッチに引き込もうとしてしまいます。
昨日来て下さった男性は、何とタクシーの運転手さんでした。
表の通りを走っている時にスケッチ展をやっているのを見て、車を止めて見に来てくれました。
昨年より時間を見つけてはスケッチブックに絵を描いている。どうやって描いたらいいのか分からないと言われたので、簡単にレクチャーしました。
でも本気でやりたければ、基本を覚えるためにもスケッチ教室で勉強した方が良いと、お勧めしました。
私自身も昔から絵の心得もあり、油絵や日本画も描いてきましたが、風景スケッチは簡単ではありませんでした。
というより、何処かおかしい絵を描いていてもそれなりに満足していて、それで良いと思っていました。
今その頃のスケッチを見ると恥ずかしくなります。
先生によっては楽しく自由に描くことが良いことだと、透視図法のような法則を教えない先生もいるそうです。
でも、もっと上手くなりたいと思うのなら、基本は勉強すべきでしょう。
勉強しながら教室の仲間と野外スケッチで実践を積み、素早く風景の印象を絵にすることを訓練します。

野外スケッチでは、季節や光・風・音・人のぬくもりなどを感じながら描いています。
そういう至福の時間を過ごしていると、風景の中に輝くような美しさを発見します。
その美しさを素早く表現出来るまでには、まだまだ勉強と訓練が必要ですが、これは一生楽しく続けて行けそうです。

長々の拙い文章ですが、思うままにつづりました。お読み下さりありがとうございました。

今回スケッチ展にお越し下さった方、真にありがとうございました。
スケッチ仲間とこれからも切磋琢磨して、年に一回スケッチ展を開催していく予定です。
どうぞまたひやかしにいらして下さい。

まだいらしていない方、27日土曜日の午後4時まで開催しています。
会場でお会いできるのを楽しみにしています。
e0071314_1572247.jpg

by pandagohan | 2010-02-26 01:55 | 展覧会

スケッチ水彩画展‘09のお知らせ

e0071314_23525139.jpg

久方ぶりのアップで驚かれた方もいらっしゃるでしょう。
まったくブログを覗かない平和な時間を過ごすと、これまた寝不足にもならず良いものです。
とは言うものの、来週から始まる展覧会のお知らせをしなければいけません。少々お付き合いをお願いいたします。

ご挨拶
この度、水彩スケッチを共に楽しみランチグルメもついでに?楽しむ仲間たちと、兜町「すぎもと画廊」にて、「スケッチ水彩画展」を開催いたします。
メンバーはプロ・プロ級の腕前の方が揃っていて、かなりの実力者揃い。
一人7点の出品をロボコップマネージャーから強制されて四苦八苦しましたが、何とかそれをクリアーして展示を待つばかり。たまには強制的に作品を描くのも良い勉強になりました。
スケッチに興味のある方、お時間がありましたら、ひやかしに来て下さい。
会期は
2009年2月16日(月)~21日(土) 
午前11:00~午後6:30まで。(最終日は午後4:00まで)

場所
兜町「すぎもと画廊」中央区日本橋兜町7-7 TEL 03-3666-0745
すぎもと画廊のホームページ←クリック

More・・ちなみにこんな作品も出品します。
by pandagohan | 2009-02-13 00:34 | 展覧会

鈴木新先生のスケッチ展 ヴェネツィアの光と影

昨日4日より鈴木新先生の「ヴェネツィアの光と影」スケッチ展が始まりました。
表参道ヒルズ西館のギャラリー80は、通りに面したガラス張りの美しいギャラリーなので通行人が覗いていきます。
女性の方が多く鑑賞していました。
e0071314_14505510.jpg

このスケッチは今年1月にヴェネツィアにスケッチ旅行された時に描かれたものです。
美しい印象的な色彩に飾られていました。
e0071314_14521341.jpg

私は記念にはがき絵セットを2種類購入しました。

会期は9月4日~9月9日(日曜)までです。12:00~7:00(最終日5:00終了)
表参道ヒルズ西館1F Gaiiery80


More・・先生のスケッチ道具・最新バージョン
by pandagohan | 2007-09-05 14:52 | 展覧会

鈴木新先生の展覧会

e0071314_8175747.jpg
鈴木新先生の個展が今日から始まる。
昨日は開催日前日のプレオープンで、水彩スケッチワークショップとして、先生の講義と質疑応答の講演会が行われた。参加者は40名以上いたであろうか、熱心な参加者の質問が多く出て、講義と先生のお答えになるお話はとても参考になった。
この内容については追ってレポートいたします。

昨年の先生の個展は10月にあった。その記事はこちらをクリックしてください。

今回は新作の地中海に沿った南フランス(今年5月)とイタリア(今年6月)の美しい町の作品を中心に、今年4月にフランスコルシカ島バスティア市で開催された「フランス美術賞展」でラセーヌ賞を受賞した作品「秘湯」も展示されていた。
どうぞ、この美しいスケッチの作品の数々を会場でご鑑賞ください。

今年も16日午後4時から8時まで先生の所属するカントリーバンド「ブルーグラス48」のライブコンサートが会場で開催される。
(チャージ料 1500円 2ドリンク おつまみ付き・展覧会については入場無料です)

More・・会場地図はこちらです。
by pandagohan | 2006-09-12 08:48 | 展覧会

鈴木先生のスケッチ展

e0071314_18435518.jpg

オープニングパーティーは先生のカントリーバンドのライブコンサートになっています。先生はバンジョー担当です。
ライブ会場から

携帯のカメラで写したにしては雰囲気がでているのでこのままにいたします。

明日から16日まで鈴木新先生スケッチぶらり旅「フランスの最も美しい村々」と題したスケッチ展が始まります。それに先駆け教室の生徒や先生の友人方が集まりパーティがありました。

今回の先生のスケッチは7月から8月にかけて1ヶ月間でフランス全土の「フランスの最も美しい村々」149箇所を廻ってスケッチされたものです。
その行程は1日平均500キロを車で走り、なおかつ1日5枚描く超人的なもの。まさに修行というか、気力・体力・忍耐でやり遂げたスケッチの数々でした。これも同行された奥様のサポートがあったからこそ出来たのですね。

        Moreをクリックすると先生が廻られたフランスの地図があります。

More
by pandagohan | 2005-10-10 18:43 | 展覧会

第3回 遊彩会展 は大好評でした。

   平成17年9月6日(火)~11日(日)まで世田谷美術館区民ギャラリーで、日本画同好会の2年ぶりの「遊彩会展」が開かれました。
e0071314_037156.jpg
 日本画同好会は結成17年。初期メンバーはほとんど変わることなく、途中から入った方も含めて20名います。
今回は1人2作品づつ展示し、会期中400名以上の方々に見ていただきました。それぞれ皆さまからお励まし、良い感想を頂きこれからの励みとなりました。お暑い中お時間をかけて美術館まで見に行ってくださった皆さま、ありがとうございました。
e0071314_0405623.jpg



講師の今村雅弘先生は、発足当初は芸大博士課程の学生で、今では創画会の会員で将来画伯と言われたら私たちはその愛弟子と言うことを誇れるのではないかと期待しています。

          右が今村先生の作品「Soil」です。



会場で写した写真ですが私たちの作品をご覧ください。作品を並べる関係上、実際の作品の大きさに関係なくほぼ同じになりました。実際は60号~6号位まであります。又、ガラスにこちらの影が映ってしまっているのもあります。ご了承ください。
私の作品「マリリン小路」についてはMarksさんが「老人のパソコン日記」で取り上げてくださいました。
e0071314_128110.jpg

          マリリン小路       乗鞍から穂高を望む (笹井)            さくら            さぎそう  (津々見) 
e0071314_1283493.jpg

            麦秋              睡蓮  (清水)                   ひまわり        夏野菜  (細田)
e0071314_129143.jpg

               樹              石  (赤野)                  親水公園        かぜ  (赤羽)         
e0071314_1292977.jpg

           地平線Ⅰ           地平線Ⅱ (尾沼)                  静寂          冬支度  (多田)       
e0071314_1295942.jpg

         彩・いろどり(16年区展日本画金賞作品)    ゆり  (高桑)         運河 (16年創画展入選作品) 工場地帯  (北澤)

続きはMoreをクリックしてご覧ください。

More
by pandagohan | 2005-09-14 00:51 | 展覧会