新パンダごはんの窓

pandagohan.exblog.jp

朝日屋酒店 「蔵元を囲む会」

5月16日(日)世田谷にある梅ヶ丘パークホールに於いて、朝日屋酒店が主催する第一回「蔵元を囲む会」という日本酒の利き酒会が開かれた。
会費は前売りが1000円、当日1500円と格安で、2部構成入れ替え制で、各会前売りチケット100名限定だったので、前売りは早々と完売状態だった。
北は青森から南は福岡県までの蔵元が21社集まり、各蔵元のお酒が3種類と仕込み水が用意されていた。
e0071314_12495649.jpg

 私が行ったのは午後2時から4時までの第2部だった。1部に参加していた顔なじみの方々の上機嫌な顔を見送り、中央のテーブルにある利き酒用のグラスを取っていよいよ利き酒開始。
なにせ、21蔵のお酒、各3種類を全部味わっていたら、少量づつでもかなりの量になる。全部味わって飲まないようのど越しは我慢して、半分以上は吐き出す。香り・甘み・酸味・苦味・後味(キレ)・残り香を確かめつつ、蔵元の方と会話する。
これだけ多いお酒があって、全部回って飲んでも一つとして同じものが無い。
途中からお煎餅がどっさりでたので、少し食べて中休み。
後半は、ひたすら利き水を楽しむ。
蔵元さんがお酒を仕込む仕込み水が、正にお酒の味になる。

 この会で、初めてお会いした方で、大変日本酒に詳しく、利き酒の会を開き、蔵元にも足を運ぶハンドルネーム弥太一さんから面白いアドバイスを頂いた。
「先ず、仕込み水を飲んで、次に飲むお酒の味を想像すると良い。」
なるほど、これはまた楽しい展開になる。
この弥太一さんと名刺交換をして、後日、弥太一さんのHPを拝見した。
弥太一さんとお会いしてお話をし、お酒の師匠だと分かってはいたが、言葉と文章に、日本酒の香りや味わいそのものを伝え、想像させる力がおありだと感じた。
まさしく利き酒の師匠と出会ってしまった。
弥太一さんから、私のブログで紹介しても良いと了解をいただいたので、弥太一さんのHPをご紹介いたします。
「日本酒夜話」   そして、私も大好きな歴史散歩の手引き「大江戸写真散歩」

 こんな出会いがある利き酒会。お酒の造り手と日本酒を愛する人々が醸し出す幸福な時間は、日本の魂が宿ると言われている日本酒の力が、造り出したものだと感じました。
by pandagohan | 2010-05-30 14:31 | 利き酒