新パンダごはんの窓

pandagohan.exblog.jp

進化したふぐの子焼きそば

e0071314_194167.jpg

e0071314_121228.jpg

10月14日花の金曜の夜、例の季織亭2に行ってみました。
今日(15日)明日(16日)の「経堂アートフェスタ」を控え、当事者の方々の打ち合わせがあったようで、陶芸教室で忙しい李先生とは入り口でお会いしただけで帰ってしまわれました。
2階には日本放送アナウンサーの福田記子さんがいらっしゃいました。(福田さんはアートフェスタのパーソナリティ放送担当)
カウンターにいる方は皆さん仲良くおしゃべりが出来るのがこの店のよいところ。
私のいただいた、ご馳走は、お惣菜の盛り合わせ5品(鯵の南蛮漬け・鮭の白子とカブの炊き合わせ・等)・本シシャモのオス・椎茸と軍鶏のひき肉載せ焼き・ゴマふぐ焼きそば・糠漬けです。
その中でも今日の絶品と言うのは、“ゴマふぐ焼きそば”でした。麺の細さが以前の麺と違い細くなりました。
マスターに聞くと今回は特別に「南部地粉」が入荷して打ったという。なかなか手に入らず今後は入荷の見込みが無いと言う。南部地粉は麺としては打ちにくく難しい、太くすると切れやすいので細くなったそうだ。それが、焼きそばにすると丁度よい細さで味わいが増す。
(ちなみに、今後の麺はオーガニックのカナダ産だそうです。添加物が無いのがこの店のこだわり。)
今日の日本酒は「加賀鳶」のあらばしり2004年、コクがあって切れの良いお酒。

最後に頂いたお酒はこの日の印象をすべて塗り替えるほどのものでした。
それは、「鳳凰美田で漬けた梅酒」でした。日本酒で漬けた梅酒はまろやかで梅の香りが口いっぱいに広がり、焼酎で漬けた物とは味わいが違います。これは最後に呑んで正解でした。後何を飲んでもあの味には負けてしまいます。

下のMoreをクリックしてください。 「経堂アートフェスタの催し地図」があります。 季織亭のおかみさんのやっている野点は、15日12時~15時までです。



e0071314_2335461.jpg

by pandagohan | 2005-10-15 01:58 | 美味しい情報