新パンダごはんの窓

pandagohan.exblog.jp

ギャルリ・ドぽえむから「でっちどん」がやってきました

e0071314_2329712.jpg
この「丁稚どん」は昨日までギャルリ・ドぽえむにたくさんの子どもたちとおりました。(つばなはな円人形展10/24~29)

まだ9歳の子どもなのにとても働きもので、お店の女将さんの藍染めの着物のお古で前掛けを作ってもらうほど、女将さんからも皆からも愛されている丁稚どんです。
今日は、女将さんの御用で遠くにお嫁に行ったお嬢さんにお届けものです。お腹が空いたら食べるようにとおにぎりも作ってもらいました。
今日は秋晴れの良い天気。うきうきした気分で歩いて行きました。
ただし、1つだけ心配なことがあるのです。丁稚どんは犬が大の苦手なのです。いつだったか犬に吠えられて慌てて逃げる時に転んで、持っていた饅頭を落として犬に食べられてしまったことがあります。それ以来犬が嫌いになりました。
田舎道に来ると大きな柿の木の下に丁度よい切り株があります。お腹が空いたことだしここでお弁当を広げようと思いました。でもちょっと心配顔。あのいやな奴が来ないといいがな~と思いました。 トントン!おわり







e0071314_0271562.jpg

「ぽえむ」は住宅街の静かな場所にある。中に入ると黒光りした古民家の柱と暖かなランプシェードの光が山小屋に来たように包みこんでくれる。
なにより、厳選された豆で入れてくれる、女主人M・Yさんのコーヒーは最高に美味しい。
私は夕方仕事で疲れた時はチャリに乗ってポエムに行く。
私が友人と行く以外で、一人で外でコーヒーを飲みたいと思える場所はここしかない。


e0071314_193395.jpg
私のお気に入りはコーヒーとかぼちゃのシフォンケーキの組み合わせである。
そして飾られている器や人形を眺めたりする。どれも良い手仕事の作品でこちらに何か話しかけられるような気がする。
心もお腹も満たされ、またがんばれる気がする。


ぽえむのM・Yさんのブログは作品に対しての愛情が感じられて素敵です。
また、パソコン仲間の浮遊子さんもブログに、ぽえむについての素敵な写真と記事を載せられています。どうぞご覧ください。
by pandagohan | 2005-10-29 23:55 | 素敵なお店