新パンダごはんの窓

pandagohan.exblog.jp

谷根千(私だけ谷中)のスケッチ会

e0071314_12112088.jpg

e0071314_12115624.jpg
昨日11月2日(水)午前中だけ谷根千鈴木新先生のスケッチ会に参加した。
スケッチした場所は、観音寺(谷中5-8-28)の練り塀(屋根がある塀を築地塀と言うそうだが専門家はこの塀をこう言っていた)のある路地。

この日は秋晴れの良い天気。塀の内側の木々の葉っぱも幾分紅葉して、オレンジや黄色の葉っぱが光に反射して美しい。午前中の日差しが土壁にも建物の影を落としている。
鉛筆デッサンを始めると、土塀の長さを感じてしまい長くとってしまった。鈴木先生に指摘されて初めて気がつき修正した。実際鉛筆で測ってみると手前の高さと奥行きは同じであった。目の錯覚である。遠近感のあるデッサンは難しいが勉強になる。
ほぼ、2時間スケッチしたが完成せずまだまだ未完成。もっと早く描く練習をしなくては・・
次の用事があったため、皆さんはまだ描いていたがお先に失礼した。
こんなスケッチ日和なのに残念!午後は蛇道と根津神社でスケッチするという。
でも久しぶりに先生のスケッチ会に参加して、充実感一杯だった。感謝!感謝です。


スケッチしてた時の事だが、人力車のお姉さんがやってきた。人力車には人は乗っていなかったが、商売道具の看板だとかの荷物の上に1匹の猫!谷中の猫は有名である。招き猫なのだろう。荷物の上に必死につかまっているのが可愛い。早速写真を何枚か撮らせてもらった。
その写真はブログ仲間のkensanの「近所の猫たち」に載せてもらった。
猫に興味のある方はご覧ください。「夕やけだんだん」の猫もいますよ。
by pandagohan | 2005-11-03 13:09 | スケッチ会