新パンダごはんの窓

pandagohan.exblog.jp

本郷界隈スケッチ会 ②

皆さんの特にベテランの方のスケッチをご覧ください。
e0071314_016146.jpg

上の写真のスケッチは本郷館あたりの絵です。上段二枚はM・Yさん。下段左はshigeさん。右がykitaさんです。午前中1時間で描いたものです。
e0071314_0285396.jpg

午後は菊坂界隈でスケッチしました。上段左はロボコップさんの「鐙坂」のスケッチ。
右上と左下がY・Mさんのスケッチ。細い路地と床屋のスケッチです。
右下はykitaさんの「菊水湯」の煙突の見える風景。背景の写真と同じあたりです。
shigeさんは鐙坂でスケッチしていましたが、残念ながら写真がありませんでした。

ロボコップさんと rabbitjumpさんがスケッチ会の記事を書いています。そちらもご覧下さい。
はっちゃんrabbitさんのスケッチの写真がありませんでした。rabbitさんの方でご覧ください。
rabbitjump の草原  ロボコップの水彩画・我廊です

祝はっちゃんのホームページ「Tazuko'sRoom」では、はっちゃんの多才な才能の一端が見られます。





e0071314_11586.jpg
ここは鐙坂の頂上あたりです。細い路地の入り口には古い木造の建物があって植物が被っています。あの中はどうなっているのだろう・・。とても見たいような、でも入ってはいけないような異次元空間に感じます。入ってしまうとタイムスリップしてしまうかもしれません。

この坂でスケッチしていると、古くからお住まいのオバサン(少々お歳の)方が気さくに話しかけてくれます。
「この所、一葉人気で若い娘が道を尋ねるが、一葉さんの本を読んだか聞くと読んでないんだよね~。だから読んでから来なさいと言ってやるんだよ~」 ドキッ!今度来る時はあらすじ本を読んでおかなくっちゃー。

「この坂を子どもの時から毎日歩いているから、足腰の痛みなど感じたことが無いのよ~」と80歳だという元気なオバサン。

みんな逞しく元気な良いお顔をしていました。

ここでのスケッチは3時半で終わり。日が短くなってもう日が傾き、お風呂屋の煙突からは煙が出て,
下町の夕方の風景は私の子ども時代のようなほのぼのとした時間が流れていました。
by pandagohan | 2006-09-23 01:30 | スケッチ会